会社概要

名称
有限会社 大豆屋
設立月日
1988年6月10日
住所
〒253-0028
神奈川県茅ヶ崎市出口町12-3
電話番号
0467-85-5316
FAX
0467-85-8867
事業内容
(1)豆腐・揚げ類の製造販売業
(2)食品の販売業
資本金
500万円
従業員数
15名
代表取締役
蓮見 哲夫

会社沿革

1986年6月
茅ヶ崎市富士見町に個人商店「大豆屋」として豆腐・揚げ類の製造販売を開始する。開業当初より国産大豆100%の豆腐作りを行う。凝固剤は「海精にがり」を100%使用。消泡剤は無添加。揚油は国産菜種油圧搾法のみを使用。
1988年6月
有限会社大豆屋として法人化。共同購入グループ、自然食料品店への供給も軌道に乗り始める。
1989年5月
懸案だったオカラ処理を伊勢原市の有機農業実践農家と提携し、オカラを全量堆肥化して農地に還元することに成功。このころより生産物である有機野菜の販売を構想する。
1991年9月
現所在地の茅ヶ崎出口町に移転。豆腐製造設備の充実をはかると共に、無農薬野菜を始め無添加加工品の販売を開始する。
1996年
神奈川県民生協「やまゆり」、(株)大地物産(大地を守る会)、などの有機農産物、無添加食品の流通組織に製品の供給を始める。
2006年
神奈川県在来種大豆「津久井在来」の存在を知り、農業技術センターを訪問。「津久井在来 100%豆腐の試食会」「作付け直前交流会」等を経て、県内生産者の拡大をはかる。同時に全国の在来種大豆の豆腐加工の試作、商品化を始める。
2007年
2006年度産「津久井在来」を約800kg集荷。5月より数量限定ではあるが、連日製造を開始する。
2014年
オカラを肥料として藤沢の「相原農園」に提供を開始する。

主要原材料購入先

佐賀県JA佐賀みどり
除草剤無使用フクユタカ:(株)リョーコクショージ扱い
北海道南幌町「環ネットワーク」代表:土井弘一氏
有機JAS認証大豆
秋田県八郎潟「花咲農園」
特別栽培農薬無使用「青大豆」(秋試緑1号)
(株)海の精
海精にがり
福島県会津若松「平出油屋」
国産菜種油(玉締め圧搾法)
べじたろう農場
津久井在来大豆
小泉達雄
津久井在来大豆
フリーデンファーム
津久井在来大豆
佐野川地域おこしの会
津久井在来大豆
やさいだ農園
無農薬大豆
相原農園
有機野菜

主要取引先